569886「アイフル」へ申込をするときは、まず「1秒診断」で借入が可能かどうか を調べておけば、審査に通るかどうかというような心配がなくなります。

 

1秒診断で借入可能となったら、必ず本審査でも通るという事は確定できませんが、先にわかっていれば、アイフル審査の結果を安心して待つことが出来ます。また、対応していないコースでアイフルを申込んでも、ご希望される利用方法にはなりませんので注意が必要です。

 

コースによっては利用上限額が異なったり、金利についても変動したりしますので、自分がどう利用したいのかを考えて、最も使いやすいコース選択するのがポイントです。

 

利用するコースによっては、提出書類も変わりますので、事前に書類を用意しておけば審査をスムーズに進められます。

アイフルで用意されている豊富なローン

「アイフル」には他の消費者金融にはない多くの商品が用意されています。

  • 目的フリーのキャッシングローン
  • 借り換え用の「かりかえMAX」
  • おまとめ用の「おまとめMAX」
  • 女性でも安心「SuLaLi」
  • 事業をサポートする「事業サポートプラン」
  • 高額融資の「ファーストプレミアム・カードローン」
  • 目的に合わせた「目的ローン」

と言うような、多くの商品の中から、自分が利用したい目的に合わせて、選ぶことが出来ます。

 

アイフルの申込条件

アイフルには豊富な種類のキャッシングコースがあります。利用するローンによって条件は多少異なりますが、基本的なところでは「年齢が満20歳以上で安定した収入のある方」となっています。

 

年齢の上限は明確にしていませんが、70歳を超えた時点で新規での融資がストップすることは決まっています。また、23歳以上の方が利用できる「ファーストプレミアムカードローン」というのもあるので、どのカードローンを利用するかで申込年齢に違いがあるので、先に確認しておく必要があります。

 

アイフルの豊富な申込方法

アイフルの申込み方法は、インターネットを使ってホームページから申込む方法やアイフル店舗で申込む方法、契約ルームで申込む方法、電話で申し込む方法があります。一番便利なのはパソコンやスマホなどを使い、公式サイトから個人情報を入力して送信し審査の結果方法に人気があります。

 

必要書類は、審査結果の連絡が来てから提出します。目的ローンを利用する場合は、インターネットからの申込みは受け付けていませんので、電話か店頭での申込みになります。

 

一般的なキャッシングは、即日融資で借りたい場合もあるので、インターネット利用をした申込み方法がおすすめです。

 

必要書類を準備しておく


キャッシングで必要な書類はどこも同じです。アイフルの全てのコースで共通する書類は本人確認書類になります。

 

本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証、住民基本台帳カード、パスポートなどの写しを用意しておきます。外国の方が申込むときは、在留カードや特別永住者証明書も必要になります。ただし、本人確認書類に記載されている住所と、現住所が異なっている場合は、公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑証明書の写しを添付する必要があります。

 

50万円以上の借入希望額や、他社借入が有るときその借入残高との合計が100万円以上になれば、源泉徴収票、住民剤決定通知書、確定申告書、所得証明書の収入証明書類が必要になります。また給与明細書は直近2か月分のものと賞与明細書をセットで用意しておきましょう。

 

一般的なキャッシングコースなら上記の書類が揃っているだけで良いですが、目的別ローンの場合は、そのコースに応じた提出書類が必要になります。ブライダルの目的なら、予約家訓所や見積書、請求書、領収書のいずれか1点というように目的とするイベントで異なります。

 

仮に書類の確認が出来ない場合は、再提出をしなければなりませんし、審査を通過しないこともありますので、写しは鮮明に撮っておく必要があります。

 

申込前に1秒診断

アイフルの申込をする前に、公式サイトには簡易的に審査結果がわかる「1秒診断」が用意されています。「1秒診断」を利用すると、年齢と雇用形態、年収、他社借入れ合計額を入力するだけで融資が可能かどうかが診断できます。

他社借入れについては、銀行ローンの車や住宅ローンを除いた、借入れ合計額を入力してください。「1秒診断は」簡易的なものでしかありませんので、本審査の結果と同じになるという保証はされていません。

 

アイフルの審査は内部規定によって厳正な審査を行っていますので、本審査では詳細な情報や信用情報を元に審査されます。簡易的な審査でも、虚偽の内容を入力すれば目安とすることも出来ませんので、正直に入力する必要があります。

 

申込前に確認しておく事

アイフルの審査は、信用情報機関の個人情報が大きく影響します。個人情報には、現在までに利用したことのあるクレジットカードやその他のローン、公共料金の支払い状況など、それらに関しての利用状況が記載されています。そのため利用状況で、延滞があったというのは審査に良い影響を与えません。

 

延滞歴があると、返済がきちんと出来ない人だと判断されてしまいます。キャッシングを始めるつもりが有るのなら、これらの返済に延滞をしない事が重要になります。